top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

スポーツ現場で必要な能力

先日も、高校球児のトレーニング指導を行いました。

一般的には、「オフシーズンなのでガンガントレーニング」のイメージですが

必ずしもそうではありません。


もちろん怪我明けの選手も「トレーニング参加したい」ときましたが、別メニュー

での実施となりました。

基本は、アイソメトリック系のトレーニングでリハビリから強度を上げていきます。


ここまでは、多くの方がイメージしやすいと思いますが、他の選手は同じメニューで

良いのでしょうか。


例えば、速筋の選手と遅筋優位の選手では、そもそも持っている筋肉の性質が違います。

同じメニューでは一方にマッチングしても、もう一方にはマッチングしない可能性が高くなります。


それだけでなく、調子・コンディション・疲れやストレスなど選手によって変わっていきます。

指導者にはそのや選手の変化に気づいてほしいと思います。

私が実践して変化を一番感じれるようになった方法は、選手の「正常を知る」ということです。


当たり前かもしれませんが、意外に難しいことと思います。

動作や仕草、パフォーマンス・試合の結果だけに限らず、選手同士の会話や反応、もっといえば、学校生活内や職場での変化なども感じ取らなければ「正常を知る」ことはできません。


正常を知ることで、『異常』を素早く察知することができます。

たくさん栄養学を勉強しても、解剖学を理解してもアスリートは教科書通りには動きません。

基礎知識をアップデートしながら、頭でっかちにならないよう、選手・アスリート・お客様のサポートを行なっていきます。


ONE STEPでは、トレーナーも栄養士も基礎知識をアップデートしながら、互いの選手・お客様の状況を共有し、素早く『異常』を察知しながら、サポートしていきます。

いつでもご連絡お待ちしております。




閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。 1日でも早い復興をインスタグラムばかり更新して こちらをあまり更新できていませんでした。 ただ活動の方は、ありがたいことに活発にさせてもらっていますので、 時間を見つけこまめに配信していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。

夏に向けての最大の準備!

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

Comentários


bottom of page