top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

足を速くするには??

今日は、高校球児のトレーニング指導に行ってきました。

少し時間もあったので「走力」にアプローチをかけました。


野球に特化した話になりますが、「足を速くする」とは何の評価になると思いますか!?

これは塁間のスピードが大きな評価対象となりますよね。

100mが速い、200m・・・と足が速いと言ってもたくさんの種目がありますが

野球の場合は、基本的に塁間となります。

その中で、自分が速くなるために何が必要か考える時間が必要です。


今日はざっと紹介したいと思います。

まず、「チーム1走塁がうまい」という選手を数名ピックアップし、塁間をスプリントしてもらいます。

その歩数を記録した上で、その他の選手も同距離をスプリントします。

そして自分の歩数とチームトップの選手の歩数を比較してみましょう。

すると・・・・

1、歩数は同じだがタイムが遅い

2、歩数も自分の方が多くタイムも遅い

この2組に分かれます。


ということは1の組の選手と、2の組の選手とでは、『足が遅い』原因が違います。

つまり、『足を速くする』ためにしていくアプローチは変わっていくということです。


同じ練習メニューだけでは、改善される選手もいれば、改善されない選手もいるので非常にもったいないですね。


足の速さに限らず、同じ食事、同じトレーニングで同じだけレベルアップすることができれば、こんな苦労しないことはないですね。

しかしそんなことは【絶対】あり得ません!


うまくいかない子はセンスがない、能力が低い

そんなことはありません。

うまくいく方法を選択できていないだけです。


ONE STEPでは、体質に合うトレーニング・食事指導・休息方法を

詳しく指導するだけでなく、実践し続けられることを伝えていくように

心がけています。


皆さんも、自分をもっと知ってみると面白いと思いますよ!!


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。 1日でも早い復興をインスタグラムばかり更新して こちらをあまり更新できていませんでした。 ただ活動の方は、ありがたいことに活発にさせてもらっていますので、 時間を見つけこまめに配信していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。

夏に向けての最大の準備!

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

Kommentare


bottom of page