top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

調子を落とさないためのコンディショニング

大会期間中で、サポートしている選手の試合を見て

良いプレーや感動する姿を見せてもらっています。


調子の良い状態をキープしていきながら、または向上させながら

大会期間を乗り越えていかなければいけません。


そのためには、今の自分のコンディションを把握し

絶好調の時と不調の時との差を自分で感じないといけません。


トレーニングで言えば一般的にはピーキングという方法で筋肉のピークを持っていきます。

内面的には、どうでしょうか。


今日は内面的な部分を少しご紹介します。

特に今は夏の大会です。

発汗や排尿で多くの水分が失われます。


18歳程度だと体重の約60%が体水分といわれています。

その何%の水分が失われるとパフォーマンスが落ちると思いますか?



2%程度でパフォーマンスは落ちていき、筋痙攣や熱中症へつながります。

体重が70kgの選手で考えてみましょう。

体水分は、42kgとなります。

その2%は、0.84kgとなります。


つまり試合前、試合後で0.84kg以上減少していると水分補給の失敗からパフォーマンスのの低下や怪我につながります。

そういう面で、コンディションの管理のためにも体重の管理・水分補給の徹底は重要になります。


理想は試合前と試合後の体重測定が必要ですが、なかなか難しい場合は

試合後にしっかりと排尿ができているかのセルフチェックを行いましょう

【ポイント】

ステップ1→試合後30〜1時間以内で尿意があるかどうか

ステップ2→尿の色はどうか(レモン色・うすい黄色がOK)


この2つのチェックが揃ってなければ水分補給は失敗していると思ってください

緊張感が解けた後に尿意が来ない場合や、尿の色が濃い黄色の場合は、水分不足の恐れがあります

次戦のパフォーマンスを下げないためにも、セルフチェックしてみると良いでしょう!


頑張る高校球児を応援します!!



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

ONE STEPプログラムとして 遺伝子分析×トレーニングを掛け合わせたプログラムを実施している 熊本県の有明高校硬式野球部が、先日行われた春季大会で優勝しました。 選手の頑張り、指導者の熱意ある指導、保護者の協力に感動する大会でした。 特に新3年性は、入学と同時にONE STEPプログラムを実施し始めた、最初の学年です! 強くなって、大きくなって、まだまだ夏大活躍してくれることを期待しています。

bottom of page