top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

怪我予防に努める大切さ

高校球児のウエイトトレーニングの各種測定結果をデータとして作成していました。

そこで気づいた点があります。


beforeは2020年9月に測定、afterは2021年1月に測定をしました。

その期間、怪我や体調不良などで休むことがなく、計画通りにトレーニングできていた選手は、

バックスクワットだとbefore→afterまで、115%〜148%(平均126%)の数値の向上が見られました。

しかし途中の期間で、怪我や諸事情で休んでいた選手は、89%〜95%(平均92%)に留まりました。

2020年9月には、100kg挙上出来ていた選手が、

2021年1月には、126kg挙上出来る様になっているのか、92kgしか挙上出来なくなってしまっているのかの差になっているということです。


この結果で何が伝えたいかと言うと

「怪我をしない」「体調不良を防ぐ」

と言うことがいかに大切かと言うことです。

ここからの4ヶ月だと、2021年6月になります。

この時期に30kg以上も力の差がある場合、勝負の勝ち負けに関わらず、その選手と試合をし、コンタクト(ぶつかり合う)した場合や、張り合うための力を出した時に、怪我をしてしまう、選手生命が終わってしまう恐れも出てきます。

そうならないために日々のトレーニングが必要であり、日々のトレーニングを継続するために怪我予防が大切になりますよね。

怪我予防といっても、様々な要因はあります。

ONE STEPでは、個人の体質を分析し、遺伝からくる特徴、性格、リスクを考えてサポートしていきます。

トレーニングも食事も怪我予防についても、まずは自分を知ることから始めてみませんか?

気軽にご連絡ください!


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。 1日でも早い復興をインスタグラムばかり更新して こちらをあまり更新できていませんでした。 ただ活動の方は、ありがたいことに活発にさせてもらっていますので、 時間を見つけこまめに配信していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。

夏に向けての最大の準備!

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

コメント


bottom of page