top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

力の差は体格の差??

トレーニング記録で、顕著に「差」を感じるようになってきました。

S&Cコーチとして、アスリートのトレーニング指導を繰り返す中で、

シーズン途中のから始める選手(チーム)とオフシーズンから始めていた選手(チーム)

とでは、目標数値に対して20%前後の差が出ていました。


体格の差ではなく、パワーの差です。


身長・体重は同じサイズでも扱える重量・タイムに差が出ています。



顕著にプレーに関係する部分だと思います。

ただ体を大きくするだけではいけません。

ただご飯を食べる食トレ、ただタンパク質を摂取するためのサプリメントへの出費、

このようなことがアスリートにあってはいけません。

ましてや成長期のジュニアアスリートはさらにこだわりを持って欲しいと思います。


怪我をしないための食トレ、トレーニンング、休息について

いつでもご連絡・ご相談していただければと思います。


いよいよ高校野球も対外試合解禁です。

新入生の入学も楽しみにしています!!


がんばれ!未来モンスターたち!!!!


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

ONE STEPプログラムとして 遺伝子分析×トレーニングを掛け合わせたプログラムを実施している 熊本県の有明高校硬式野球部が、先日行われた春季大会で優勝しました。 選手の頑張り、指導者の熱意ある指導、保護者の協力に感動する大会でした。 特に新3年性は、入学と同時にONE STEPプログラムを実施し始めた、最初の学年です! 強くなって、大きくなって、まだまだ夏大活躍してくれることを期待しています。

bottom of page