top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

トレーニングメニュー作成

今日は、1日を通してアスリート20名のトレーニング指導を行います。

1人1人、体重や身長、目標の体格も違ってきます。


個々に合うトレーニング内容でプログラムを組んでいこうと考えています。

そこで必要材料の1つになるのが「RM法」です。

RM法とは、レペティション・マキシム(綴りはわかりません。笑)の頭文字で

意味は「最大反復回数」です。

つまり、1回しか挙げられない重量(≒最大筋力)を1RMとし、5回挙げられる

重量は5RMと表記します。


【最大筋力アップ・神経系の発達が目的の場合】

1RM〜4RMの重量でトレーニングを実施します。

1RMが100kgだと→100kg〜90kg程度


【筋肥大・筋力アップが目的の場合】

5RM〜12RMの重量でトレーニングを実施します。

1RMが100kgだと→87kg〜67kg程度


【筋持久力が目的の場合】

15RM〜20RMの重量でトレーニングを実施します。

1RMが100kgだと→65kg〜60kg程度

※計算方法は割愛しています


と言われています。

ただあくまでも机上の計算でしかありません。

個々の反応や時期・状態などを考慮して、重量や回数の設定を行わなければいけません。


また様々な原理原則を考慮して、作成しなければいけませんが、

別の記事で書いていきたいと思います。


ONE STEPプログラムでは、机上の計算だけでなく、個々の個性・体質を考慮して

サポートしていきます。

栄養士も在籍していますので、選手本人・ご家族・指導者・アスリート関係者などどなたでも関係なく、お気軽にご連絡をお願いいたします。

全ての人の未来のためのONE STEPプログラムです。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。 1日でも早い復興をインスタグラムばかり更新して こちらをあまり更新できていませんでした。 ただ活動の方は、ありがたいことに活発にさせてもらっていますので、 時間を見つけこまめに配信していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。

夏に向けての最大の準備!

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

Comments


bottom of page