検索
  • 拡平 橋本

ストレッチの活用

私が小学生くらいの頃は、競技前のアップの段階で静的ストレッチを多く

やってきました。

それが当たり前の時代でしたが、現在では様々な意見もあるかと思います。


私は、絶対に静的ストレッチはしてはいけない!とは思いません。

人によると考えています。


例えば、トップアスリートであったり、季節も秋から冬のような肌寒い時期であれば、

動的ストレッチで身体を冷やさないこと、筋収縮を落とさないことでのパフォーマンスの向上も狙うために、試合前には静的ストレッチは必要ない場合も多いとは思います。


では、小学生や競技初心者、久しぶりの競技となる選手で考えてみましょう。

野球で例えた場合、初心者で140km以上のボールを投げることは、ほぼあり得ないですね。

初心者が怪我をするのは、競技力が上がって体がついていけなくなり怪我をするのではなく、動き方のエラー動作により痛めてしまうことの方が多いです。

これは小学生でも同様です。


もちろんパフォーマンスを高い値で試合に挑むことも大切なことではありますが、

『成長期』の子供や、プロを目指していない趣味スポーツの現場においては、絶対的に静的ストレッチが不要とは言えないと考えています。


また、一般のフィットネスでもそうです。

運動に不慣れな方に「筋トレ前にストレッチはいりません」というトレーナーさんも増えてきていると感じていますが、そこには疑問をもちますね。


同じトレーニングでも、体は1人1人違います。

プロがやっているから、〇〇はこうだから

ではなく、自分に必要なことを実践していきましょう!


ストレッチについても、遺伝子レベルで筋肉の硬直・損傷のリスクは分かっていきます。

一度調べてみて、自分なりのアップやダウン、日常の過ごし方を考えてみることも

お勧めしています!



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

〒862-0972 熊本県熊本市中央区新大江3-9-32

TEL:​0962858088

Mobile:08039802534

代表:橋本拡平

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

©one step. All rights reserved.