top of page
検索

ストレッチの活用

私が小学生くらいの頃は、競技前のアップの段階で静的ストレッチを多く

やってきました。

それが当たり前の時代でしたが、現在では様々な意見もあるかと思います。


私は、絶対に静的ストレッチはしてはいけない!とは思いません。

人によると考えています。


例えば、トップアスリートであったり、季節も秋から冬のような肌寒い時期であれば、

動的ストレッチで身体を冷やさないこと、筋収縮を落とさないことでのパフォーマンスの向上も狙うために、試合前には静的ストレッチは必要ない場合も多いとは思います。


では、小学生や競技初心者、久しぶりの競技となる選手で考えてみましょう。

野球で例えた場合、初心者で140km以上のボールを投げることは、ほぼあり得ないですね。

初心者が怪我をするのは、競技力が上がって体がついていけなくなり怪我をするのではなく、動き方のエラー動作により痛めてしまうことの方が多いです。

これは小学生でも同様です。


もちろんパフォーマンスを高い値で試合に挑むことも大切なことではありますが、

『成長期』の子供や、プロを目指していない趣味スポーツの現場においては、絶対的に静的ストレッチが不要とは言えないと考えています。


また、一般のフィットネスでもそうです。

運動に不慣れな方に「筋トレ前にストレッチはいりません」というトレーナーさんも増えてきていると感じていますが、そこには疑問をもちますね。


同じトレーニングでも、体は1人1人違います。

プロがやっているから、〇〇はこうだから

ではなく、自分に必要なことを実践していきましょう!


ストレッチについても、遺伝子レベルで筋肉の硬直・損傷のリスクは分かっていきます。

一度調べてみて、自分なりのアップやダウン、日常の過ごし方を考えてみることも

お勧めしています!



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。 1日でも早い復興をインスタグラムばかり更新して こちらをあまり更新できていませんでした。 ただ活動の方は、ありがたいことに活発にさせてもらっていますので、 時間を見つけこまめに配信していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。

夏に向けての最大の準備!

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

Comments


bottom of page