top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

これをやれば怪我が治る!!?

これをやれば球速アップ!

たった10分でホームランを打てる!


このような見出し、よくありますね。

・・・怪我を治すために見た方、本当に申し訳ないです


しかしSNSでは人を集めることを目的に、このような見出しで関心を集めている人もいます。


実際にプロ野球選手でもこのような情報に惑わされ、選手自身も苦しみ、指導者も混乱する場合もあります。


情報収集と活用方法が重要になってきますね!




さて話は題名に戻りますが、栄養面においてもトレーニング面においても

「これをやれば早く治る!」

というものはありません。

なぜなら、アスリートとして早く治すことが当たり前だからです。

ニュアンスの違いですが、

●これをしなければ、怪我の治りが遅くなる

●これをやりすぎると・・・

●この栄養素が不足すると回復は遅れる

などは存在します。


つまり、怪我をする前に「予防」に努めることが大切です。


普段の食事、普段の練習と休息のバランス、乱れていませんか?

特に中学3年生や高校3年生は、次のステップに向けて自主練習中だと思います。


リフレッシュしつつも、自己管理をおこたらず、

防げる怪我は未然に予防し、次のステップで輝けるように頑張りましょうね!



閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。 1日でも早い復興をインスタグラムばかり更新して こちらをあまり更新できていませんでした。 ただ活動の方は、ありがたいことに活発にさせてもらっていますので、 時間を見つけこまめに配信していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。

夏に向けての最大の準備!

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

Comments


bottom of page