top of page
検索
  • 執筆者の写真拡平 橋本

あはは…1ヶ月ぶりになってしまいました。

1ヶ月も空いてしまい申し訳ございません。

まだまだ多くの人に見てもらっている立場ではないですが

トレーニングのことをしっかりと発信していこうと思っていながら

………サボってしまい、すみません!



今日は、シーズン中のアスリートに最も必要なトレーニングの中でも

『デプスジャンプ』について少し描きたいと思います。


デプスジャンプとは、

指定のボックスの上から、地面に降り、着地後ただちに上方へジャンプをする

動作のトレーニングとなります。

見た目は派手ではなく、地味なトレーニングかもしれませんが、

下半身への衝撃は強いため、基礎体力のできた選手かつトレーナーの指示で実施した方が

良いと思います。


【ポイント】

①ボックスから地面へ降りる動作では、しゃがんだり・飛んだりせずそのまま降りること

 (エラー動作が入ることで、降りる高さに変化が出て衝撃が変わってしまうため)

②地面着地時間はできるだけ短くすること(立ち幅跳びのように屈伸動作を入れない)

③上方へのジャンプは全力でより高く飛ぶこと

 (基本は前には飛ばないが、バリエーションで、前方やダッシュを入れることは可)


くらいですかね。

デプスジャンプはプライオメトリクストレーニングの部類に含まれ

瞬発力向上に効果的です。

ですのでオフ期や筋肥大目的には最適ではありません。

トレーニング初心者には、他のジャンプ系のトレーニングと組み合わせても

80〜100歩程度まで

中級者で、100〜120歩程度まで

上級者・プロでは、120〜150歩程度まで

で十分です。

年齢や体格、体力等で多少は前後しますが、平均してこれくらいかと思います。


試合前や大会期間中にはやってみた方が良いトレーニングの1つですね。

ぜひ実践してみてください!!




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。 1日でも早い復興をインスタグラムばかり更新して こちらをあまり更新できていませんでした。 ただ活動の方は、ありがたいことに活発にさせてもらっていますので、 時間を見つけこまめに配信していきたいと思います。 本年もよろしくお願いいたします。

夏に向けての最大の準備!

こんにちは‼ ONE STEPです。 今、選手に何度も伝えているところは ●100の力を120にするのではなく、 ちゃんと100出せる準備をする事 ●調子が良かった時の自分を イメージするのではなく、今日よりも明日 と確実にコンディションを高めていく事 を強く伝えています‼ 中には、昨年秋の調子が良くてその頃の自分に追いつかないと苦しむ選手もいます。 過去の自分を追いかける時点で成長ではありません

Comentários


bottom of page